「シーラカンスとjessica」から引越しました。
by jes22salud2
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
乙女酒場
外飲み
レシピ
せんべろ手芸部

電車
photo
おやつ
日々
おでかけ
おいしいもん
乙女菜園
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
フォロー中のブログ
五十路を過ぎてブログに挑戦
みつばち鉄ヲタ日記 Ve...
アレも♪コレも♪
加越屋徳兵衛の電車大好き...
いんちきばさらとマクガフ...
あぼんちのぼぼっとつくろ...
@ la pie.fr
なびかせろ!たてがみ
水は方円の器に随うⅡ
kent's kitchen
最新のコメント
らぴちゃま。 あははは..
by jes22salud2 at 20:59
さすらいさま。 こーん..
by jes22salud2 at 20:58
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:57
やっぱり、↓ 前の2軒に..
by lapie-fr at 15:30
おはようございます。 ..
by さすらい at 04:20
ルックザ日本 いいです..
by あんこ1961 at 21:31
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:06
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:05
らぴちゃま。 湯気もご..
by jes22salud2 at 20:01
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:00
ほんと、いい景色~ 湯..
by lapie-fr at 15:34
おでん、黒霧、ぎょうざ。..
by ivrogne at 11:03
アボカドにかつぶしもいい..
by ivrogne at 11:00
おでんを見ながら飲んで食..
by あんこ1961 at 14:46
お願いいたします。


あちこち参加させていただいています。
応援のひと押し!していただけたら有難いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


リンクフリーですが、一言いただけるとありがたいです。

不適切だと感じる場合は削除させて頂くことも
あります。

よろしゅうお願いいたします。
ライフログ

タクアンの丸かじり (文春文庫)


メロンの丸かじり (文春文庫)


缶詰に愛をこめて (朝日新書)


ケーキの丸かじり (文春文庫)


日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)


生姜(しょうが)だけで病気を治す (健康人新書)


ワラをつかむ男 (文春文庫)


おやじネコは縞模様 (文春文庫)


ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫)


不要家族 (文春文庫)


孤独の価値 (幻冬舎新書)


ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫)


ゴハンの丸かじり (文春文庫)


ぬるい生活 (朝日文庫)


なぜ和食は世界一なのか (朝日新書)


ねにもつタイプ (ちくま文庫)


そうだ、ローカル線、ソースカツ丼 (文春文庫)


暮しの手帖 4世紀77号


ケトル VOL.25


鉄道ジャーナル 2015年 09 月号


NHK 趣味の園芸 やさいの時間 2015年 8月号 [雑誌] NHKテキスト


暮しの手帖 第4世紀76号


千年ごはん (中公文庫)


ゆで卵の丸かじり (文春文庫)


おにぎりの丸かじり (文春文庫)


これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)


豆腐バカ 世界に挑み続けた20年 (集英社文庫)


BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/1 号 [雑誌]

最新の記事
閉店のお知らせ。
at 2017-02-17 07:07
〆はいつものバーで。
at 2017-02-16 21:21
乙女女子四名➕野獣飲み会 二軒目
at 2017-02-16 07:07
乙女女子四名➕野獣飲み会一軒目
at 2017-02-15 21:21
女子が集まる前に、おっちゃん..
at 2017-02-15 14:14
FUJIYA ルックチョコレ..
at 2017-02-14 07:07
そして角打ち三軒目。
at 2017-02-11 07:07
そういえば、と行ってみれば。
at 2017-02-10 07:07
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル

カテゴリ:本( 101 )

愛しの街場中華 鈴木隆裕


「孤独な胃袋をいつも満たしてくれてありがとう」

いや、ワタクシ孤独では無いけれど。
ま、そんな事はどうでもよくて。

b0330555_1026064.jpg


街場中華って言葉、知らなんだ。
カバーイラストの手書き感に惹かれて手に取ったら。
なんと!ワタクシがお江戸に行ったら必ず行く(まだ数回やけど)
お店の…様子&木耳炒めの写真が!!
もう中身はともかく、買いでした。

で、中身はもちろんハズレなし!!

基本ひとりで、取材と称して複数で。
食べて飲んでメタボな筆者を想像しつつ、つつつと
涎を引き出す一冊です。

消えゆく街場中華を追いかける(東京その近郊)気持ち、ちょっと
わかるなぁ。街場中華はもちろん食堂も消えていってるから。
関西人はそこに町のうどん屋もプラスしたいわ。




応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-04-26 21:21 | | Comments(2)

江戸の卵は一個四百円! 丸田勲


子供の頃から父親の影響で(時代的にテレビは一家に一台)
時代劇をよーーーく見た。
杉様のファンやった子供時代。

b0330555_10143553.jpg


NHKの大河ドラマから始まって遠山の金さん、水戸黄門、必殺仕事人、
鬼平犯科帳、大江戸捜査網、銭形平次などなど。
もっとあるけどね〜。

見ていていつも気になったんはお金。
銭形平次がお金を投げて悪者をやっつけてもお金をお賽銭以外で
投げるなんて!って思ってたけど、そのお金の価値がどのくらい
なんやろ?ってずっと思ってました。

江戸時代は約260年ほどやからその間に価値は全然ちゃうやろうけど
時代劇を見る限りは江戸時代の後半かなぁと。
それでもどんなもんかなんぼくらいか??

この本はその疑問をするするっと解決してくれまっせ!

あのお仕事がそのかかく!ってのもあります。



応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-03-08 21:21 | | Comments(0)

メンチカツの丸かじり 東海林さだお


丸かじりシリーズは…文庫を買う!って決めてたのに。
目に入ったら買っちゃいました。

b0330555_1063539.jpg


嗚呼買ってしまつた。
手元の文庫とラグが出来てしまったけど、買っちゃったんだも〜ん。

身につまされる話も(人間は転ぶ)^^;

ビールの飲み放題ネタ、夏の話題はちょっと先の感じやけど思いを馳せれば
涎も出てきます。

b0330555_1083479.jpg


帯を見れば。
こんなに出てるんよねぇ。
分かってても改めて見てみると、東海林センセ、すごいわ。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-03-08 14:14 | | Comments(2)

東京煮込み横丁評判記 坂崎重盛


行きたい行きたい、嗚呼行きたい。

お江戸へ行きたい。

大阪乙女にとって「煮込み」は決して身近なものや無いけど
その景色は好き。
それがあろうとなかろうと、お江戸の飲み屋、その町、裏道、
路地にすいっと寄りたい飲みたい。


b0330555_958010.jpg


生まれも育ちもここ大阪。
しかしこの一冊を読んだら、憧れと一緒になんでか懐かしさも
こみ上げるんはなんでやろか?

酒呑みしか分からん匂いがこの坂崎さんの言葉から
滲み出してるんやわ、きっと。

それに反応しまくり!のあっという間でした。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。

次のお江戸は…秋かぁ。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-02-08 21:21 | | Comments(4)

往生際が悪いと言われようとも。


年末年始、正月、お江戸おでかけ、その後の日常。

乙女の体重は右肩上がり、高止まり絶好調!!

日本の株価が下がり気味なのを尻目に
ほんま調子のええこって。

しかぁしっ!

今年はこの一冊に賭けるわよ!!

b0330555_18485025.jpg


お金かけず痩せるのが一番。
大昔からの法則で「食わなきゃ痩せる」と言われても。
飲み食いは必要ですもの。

まぁ日中動くので見た目は問題無いけれど、それでも
目標には近づかねばならんしね。

とりあえず

「白湯」と「背伸び」

始めました。
これで肩こりも少しは改善しそうな予感。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-02-02 07:07 | | Comments(2)

開店休業 吉本 隆明 (追想・画 ハルノ宵子)


「ああ、こないだ読んだ吉本氏の本かぁ」

と手に取った。

ふと見ると追想とあって。

b0330555_12103464.jpg


恥ずかしながら吉本隆明氏が吉本ばななさんのお父様とは
全く知らなんだ。
ばななさんの本、一度も読んだこと無いし。

またこの追想と画を手がけのが長女さんとは。

吉本氏そのご家族の、とても世間から離れた感覚と暮らしの
一旦が垣間見える。
食べ物に執着する父と全く絶望的に興味の無い母。
お父様もすごいけど、お母様もこれまた個性的で。
その家庭の中で育った宵子さんの体験談が笑えるわ。

彼女自身の差別体験には声を出して笑ってしまった。

「レジ袋おばさん参上!」

こじゃれた店に普段着でレジ袋下げてふらっと入るそう。
買い物帰りにちょこっと一杯ってことやね。
でもそんなんやからテーブルに座らせてもらえんかったり、
頼んだものが遅かったり。
身なりで持ち物でちょびっと差別される、あるなぁって。

戦後思想界の巨人とその娘の懐かし話。
是非おススメですわ。


応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-01-30 21:21 | | Comments(2)

ツンドラモンスーン 森博嗣



森博嗣氏の「つ」シリーズ第4弾。
でも第1弾のつぶやきはまだ未読。

b0330555_1150559.jpg


考え方がこれほどフラットなところに潔さを感じるし、
羨ましくも思うなぁ。

目の付け所も面白くて、ほほ〜ってなれるし。

ワタクシはエッセイ派やから森博嗣氏が小説よりもエッセイを
出してくれると嬉しい。
でも小説が好きな人はそうではないそうで。

「エッセイを書いてる暇があったら、小説を…」

ってことだそう。


でもエッセイって書いた人の(嘘でも)なんとなく暮らしが
見え隠れして面白いんやけど。

今回は耳に痛い(読んでるから、目か)文章が。

「85 難しそうだと敬遠していると
いつまでも簡単にならない。」

の中にあった。

結構同じように思う人、いてると思うなぁ。

今回はワタクシの好きな森博嗣氏と真反対のエッセイスト
「土屋センセイ」が解説を書いてはりました。
解説 至ってもなお、笑かせてくれはるわぁ。


応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-01-30 14:14 | | Comments(0)

被差別のグルメ 上原善広

これの前の本が発売されてもう10年も経ったのか、と。


b0330555_10245620.jpg


堺でつけめんと呼ばれるもの。

おでんにうどん(中華そば)を入れたもの。
それが被差別(村あるいは路地)でたべられてたとは。

ワタクシも普通に食べてたのでちょっと驚いた。
あったまるんよね〜。

地域の食、その背後にあるもの。
知らない間の食べてる、馴染んだもの。
少し見つめてみてもいいと思う。

明るい楽しいことばかりでは無いけど
食べることは生きること。
そのルーツを知ることは少しだけでも歴史を受け入れることやと思う。
難しいこともあるけどね。


ここに東京の「やきとり」に関する事もあってふむふむなるほど!
でしたわ。
大阪の焼肉の微妙な違いも理解できました。

是非読んで欲しいわ。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。

さいぼし、大好物!
[PR]
by jes22salud2 | 2016-01-09 07:07 | | Comments(0)

味を追う旅 吉村昭



題名とこのカバー写真だけで買ったこの一冊。

飲み屋のカウンターか、はたまたうどん屋か。

作ったものと考えても、憎いねぇ。

b0330555_10223251.jpg



「美しき村に家族と遊ぶ」

馬鈴薯が出てくるんやけど馬鈴薯といえば北海道って勝手に。
でもそこは岩手県。
そこのジャガイモがとにかく美味いらしい。
人も素敵やけど、馬鈴薯が美味い。

沢山食べ物の話が出てくる(そら、題名が味を追う旅やし)。
でもこの馬鈴薯が頭から離れなくて…

岩手で北海道でもどこのんでもええからジャガイモが食べたくなったわ。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-01-08 21:21 | | Comments(0)

よなかの散歩 角田光代



角田光代さん。

沢山の賞を取ってはるのでてっきり最初から
ベストセラー作家やと思ったら、ちゃうかったのね。

初めて角田さんのお姿を拝見したのは「クロワッサン」。
そこそこ年齢を重ねた女性のダイエット特集。
仕事部屋(のキッチンと思ってた)の台所には一升瓶が放置プレイ。
そこで肉食なんです!との事で。(脂質異常症やとか)
料理なんてしいひん、野菜大嫌いのお人やと思ってました。

b0330555_1016492.jpg


確かに野菜が苦手。でも料理はお好き。
とにかく体にために野菜を無理やり食べてる感じが面白い。

取り上げたいところはたっぷりあったけど、お正月シーズンということで。

お餅の話。

「私の愛する餅」

米よりも餅!らしい。
ワタクシも餅が好き。もう家ではつかなくなったけど
ほんま餅つきの日は子供の頃からワクワクウキウキ☆
餅つき機でとはいえ蒸しあがったもち米に塩を母がふりかける。
そのまま自動的につき始めるけれどその前におこわ状態のもち米を
盗み食い。
これが美味しかった。
もちろんすぐに見つかって後頭部を叩かれるのはいつものことでした。

懐かしいなぁ。
いろんなことを思い出させてくれた一冊です。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2016-01-08 07:07 | | Comments(2)