「シーラカンスとjessica」から引越しました。
by jes22salud2
プロフィールを見る
カテゴリ
全体
乙女酒場
外飲み
レシピ
せんべろ手芸部

電車
photo
おやつ
日々
おでかけ
おいしいもん
乙女菜園
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
お気に入りブログ
五十路を過ぎてブログに挑戦
みつばち鉄ヲタ日記 Ve...
アレも♪コレも♪
加越屋徳兵衛の電車大好き...
いんちきばさらとマクガフィン
あぼんちのぼぼっとつくろ...
@ la pie.fr
なびかせろ!たてがみ
水は方円の器に随うⅡ
kent's kitchen
最新のコメント
らぴちゃま。 あははは..
by jes22salud2 at 20:59
さすらいさま。 こーん..
by jes22salud2 at 20:58
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:57
やっぱり、↓ 前の2軒に..
by lapie-fr at 15:30
おはようございます。 ..
by さすらい at 04:20
ルックザ日本 いいです..
by あんこ1961 at 21:31
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:06
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:05
らぴちゃま。 湯気もご..
by jes22salud2 at 20:01
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:00
ほんと、いい景色~ 湯..
by lapie-fr at 15:34
おでん、黒霧、ぎょうざ。..
by ivrogne at 11:03
アボカドにかつぶしもいい..
by ivrogne at 11:00
おでんを見ながら飲んで食..
by あんこ1961 at 14:46
お願いいたします。


あちこち参加させていただいています。
応援のひと押し!していただけたら有難いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


リンクフリーですが、一言いただけるとありがたいです。

不適切だと感じる場合は削除させて頂くことも
あります。

よろしゅうお願いいたします。
ライフログ

タクアンの丸かじり (文春文庫)


メロンの丸かじり (文春文庫)


缶詰に愛をこめて (朝日新書)


ケーキの丸かじり (文春文庫)


日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)


生姜(しょうが)だけで病気を治す (健康人新書)


ワラをつかむ男 (文春文庫)


おやじネコは縞模様 (文春文庫)


ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫)


不要家族 (文春文庫)


孤独の価値 (幻冬舎新書)


ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫)


ゴハンの丸かじり (文春文庫)


ぬるい生活 (朝日文庫)


なぜ和食は世界一なのか (朝日新書)


ねにもつタイプ (ちくま文庫)


そうだ、ローカル線、ソースカツ丼 (文春文庫)


暮しの手帖 4世紀77号


ケトル VOL.25


鉄道ジャーナル 2015年 09 月号


NHK 趣味の園芸 やさいの時間 2015年 8月号 [雑誌] NHKテキスト


暮しの手帖 第4世紀76号


千年ごはん (中公文庫)


ゆで卵の丸かじり (文春文庫)


おにぎりの丸かじり (文春文庫)


これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)


豆腐バカ 世界に挑み続けた20年 (集英社文庫)


BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/1 号 [雑誌]

最新の記事
閉店のお知らせ。
at 2017-02-17 07:07
〆はいつものバーで。
at 2017-02-16 21:21
乙女女子四名➕野獣飲み会 二軒目
at 2017-02-16 07:07
乙女女子四名➕野獣飲み会一軒目
at 2017-02-15 21:21
女子が集まる前に、おっちゃん..
at 2017-02-15 14:14
FUJIYA ルックチョコレ..
at 2017-02-14 07:07
そして角打ち三軒目。
at 2017-02-11 07:07
そういえば、と行ってみれば。
at 2017-02-10 07:07
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル

2017年 01月 12日 ( 3 )

サンマの丸かじり 東海林さだお


もう何冊目かしら?
でも何冊読んでも何度読んで楽しい!腹が減るっ!!

b0330555_854719.jpg


今回は?今回はなぁに???
飲み屋のメニューを眺めるように目次を眺めてしまう。
三十六種類の…注文したくとも注文できひんものが
並ぶのよねぇ。おっと涎が。

イカ徳利の話が出てくるんやけど、よく考えたものだと初めて
お土産で頂いた時には関心しきりやった事を思い出した。
結局当時は日本酒をそんなに飲まないお年頃やったので
自分では実際にお酒を入れた事がない。
それで飲んだ事がない。
そんなワタクシに「エアイカ徳利」をさせてしまう東海林さん。
イカ飯のお土産も嬉しいけど、イカ徳利、ください。



応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2017-01-12 21:21 | | Comments(4)

手作り燻製ハンドブック 燻製道士



2017、今年チャレンジしたい事のひとつが、おウチで燻製作り。

b0330555_8431352.jpg


飲み屋はもちろん家でも!って方が増えているので
本もたっくさん出ています。
そのコーナーであれでもないこれでもないと迷いに迷って
決めたこの一冊。

20年くらい前にキャンプとかにちょこちょこ出かけていて
その当時もスモーカーとかがあって興味はあった。
でも家で作る…ってのは考えが結びつかなかったわ。
今はとってもコンパクトなものも発売されているし、中華鍋でも出来るから
今年はチャレンジしたいなぁ〜。
でも、ハマると冷蔵庫の中がスモーキーな感じに
なってしまうやろなぁ。
ああん、もどかしい。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2017-01-12 14:14 | | Comments(0)

「ガード下」の誕生 小林一郎


ガード下…大人になった今も気になる。
いや、今やお世話にもなってもっと親しくなりたい場所。
ワタクシの子供の頃の生活圏には存在しんかったもんやから
とっても怪しい場所に思えてた。

b0330555_818422.jpg


この帯にある「?」ふと思ったことがあるわ。
住所はもちろん家賃も気になるし、倉庫とかやったらまだしも
普通に暮らしてはるお家になってるところなんか朝も早よから
日が変わるまで一日中ガタガタとうるさくないんかしら?
などなど疑問はたくさん。
でもそれを調べて本にまとめてあるのをみっけた今回はもうけもん。
建築用語とかわからないことも多いけど、ガード下へ
飲みに出かけてお世話になってるこの身。
歴史的背景や地域地域でそれぞれの色の出たその場所をとっても
魅力的に生き生きと記されています。

ワタクシが通うガード下のお店がくしくも三月末で立ち退きに。
相手はJRやから裁判しても勝ち目はないそう。
時代の流れ、環境の変化で仕方ないことなのねぇ。
でも鉄道が走る限りガード下自体は無くならないんやから
このちょっと怪しくて楽しい空間がもっと日の目をみたらいいなぁって
思います。

応援のひと押し!よろしゅうに。


にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2017-01-12 07:07 | | Comments(0)