「シーラカンスとjessica」から引越しました。
by jes22salud2
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
乙女酒場
外飲み
レシピ
せんべろ手芸部

電車
photo
おやつ
日々
おでかけ
おいしいもん
乙女菜園
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
フォロー中のブログ
五十路を過ぎてブログに挑戦
みつばち鉄ヲタ日記 Ve...
アレも♪コレも♪
加越屋徳兵衛の電車大好き...
いんちきばさらとマクガフィン
あぼんちのぼぼっとつくろ...
@ la pie.fr
なびかせろ!たてがみ
水は方円の器に随うⅡ
kent's kitchen
最新のコメント
らぴちゃま。 あははは..
by jes22salud2 at 20:59
さすらいさま。 こーん..
by jes22salud2 at 20:58
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:57
やっぱり、↓ 前の2軒に..
by lapie-fr at 15:30
おはようございます。 ..
by さすらい at 04:20
ルックザ日本 いいです..
by あんこ1961 at 21:31
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:06
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:05
らぴちゃま。 湯気もご..
by jes22salud2 at 20:01
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:00
ほんと、いい景色~ 湯..
by lapie-fr at 15:34
おでん、黒霧、ぎょうざ。..
by ivrogne at 11:03
アボカドにかつぶしもいい..
by ivrogne at 11:00
おでんを見ながら飲んで食..
by あんこ1961 at 14:46
お願いいたします。


あちこち参加させていただいています。
応援のひと押し!していただけたら有難いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


リンクフリーですが、一言いただけるとありがたいです。

不適切だと感じる場合は削除させて頂くことも
あります。

よろしゅうお願いいたします。
ライフログ

タクアンの丸かじり (文春文庫)


メロンの丸かじり (文春文庫)


缶詰に愛をこめて (朝日新書)


ケーキの丸かじり (文春文庫)


日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)


生姜(しょうが)だけで病気を治す (健康人新書)


ワラをつかむ男 (文春文庫)


おやじネコは縞模様 (文春文庫)


ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫)


不要家族 (文春文庫)


孤独の価値 (幻冬舎新書)


ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫)


ゴハンの丸かじり (文春文庫)


ぬるい生活 (朝日文庫)


なぜ和食は世界一なのか (朝日新書)


ねにもつタイプ (ちくま文庫)


そうだ、ローカル線、ソースカツ丼 (文春文庫)


暮しの手帖 4世紀77号


ケトル VOL.25


鉄道ジャーナル 2015年 09 月号


NHK 趣味の園芸 やさいの時間 2015年 8月号 [雑誌] NHKテキスト


暮しの手帖 第4世紀76号


千年ごはん (中公文庫)


ゆで卵の丸かじり (文春文庫)


おにぎりの丸かじり (文春文庫)


これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)


豆腐バカ 世界に挑み続けた20年 (集英社文庫)


BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/1 号 [雑誌]

最新の記事
閉店のお知らせ。
at 2017-02-17 07:07
〆はいつものバーで。
at 2017-02-16 21:21
乙女女子四名➕野獣飲み会 二軒目
at 2017-02-16 07:07
乙女女子四名➕野獣飲み会一軒目
at 2017-02-15 21:21
女子が集まる前に、おっちゃん..
at 2017-02-15 14:14
FUJIYA ルックチョコレ..
at 2017-02-14 07:07
そして角打ち三軒目。
at 2017-02-11 07:07
そういえば、と行ってみれば。
at 2017-02-10 07:07
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル

時間のかかる読書 宮沢 章夫



 劇作家の宮沢氏。
 でもワタクシにとっては面白いエッセイを書いてくれる人なのですが。

 これは.....むつかしかった。



b0330555_114509.jpg


 表紙がこんなんやから、またまた笑えるエッセイやと思って手にとったのですが。

 宮沢氏がなんと「原稿用紙50枚ほどの短編小説を11年と数ヶ月かけて読んだ」
 その記録だというのです。

 「機械」

 という作品もその作者の

 「横光利一」

 という作家もワタクシは知らんのよ。

 映画やテレビ番組ならば先に原作を読んで自分なりの感想をもって見る機会は
 あるけれど、新聞の書評やなくきちっと全て網羅された、作品の一挙手一投足を
 まだ読んでもいないのに知ってしまうこれって???

 じゃあその作品は買わないとあかんのね、と思ったら。
 太っ腹よ、宮沢氏。
 まるまる載せてありました、機械。

 誰でも買った本を買ったときはワクワクして読むぞ!っておもってても
 なんやかや気が付けば月日が流れ、その時の買った時の情熱が冷めて
 次の本を買うってことがあるはず(ワタクシ、そんなんばっか)。
 
 しかしそれとは違う。きちっと読む。目に見えない作品の世界をきちっと
 観る。数行づつ、じっくりと向き合う。
 これは簡単にはできんわ~~。

 作品の中身の奇妙さにも惹かれるけれど、これだけの年数と労力を
 かけてかかれたこの一冊に脱帽です。

 ここまでというか、これのうん百分の一も作品の書かれた時代や
 背景を考えて本を読んだこと無いから、新鮮でもありました。

応援のひと押し!よろしゅうに。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村

 おおきに。

[PR]
by jes22salud2 | 2015-08-13 07:07 | | Comments(2)
Commented by 酔子 at 2015-08-14 09:53 x
たしかに、エッセイっぽい表紙ですね

ジェシカさんの記事読んで、
「機械」と「横光利一」に、がぜん興味をもちましたし
(わたしも知らなんだです)
宮澤章夫さんにも興味津々ですわ~

いつもおもしろそうな本紹介していただき、感謝☆
Commented by jes22salud2 at 2015-08-15 19:12
酔子さま。
こんばんは。
でっしょ、いつもの笑える一冊かと思って買いました。

横光利一の作品、私もいずれは読んでみたいと
思います。
宮沢さんの本なら「牛への道」「わからなくなってきました」がさくっと読めて笑えるのでお勧めです。