「シーラカンスとjessica」から引越しました。
by jes22salud2
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
乙女酒場
外飲み
レシピ
せんべろ手芸部

電車
photo
おやつ
日々
おでかけ
おいしいもん
乙女菜園
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
フォロー中のブログ
五十路を過ぎてブログに挑戦
みつばち鉄ヲタ日記 Ve...
アレも♪コレも♪
加越屋徳兵衛の電車大好き...
いんちきばさらとマクガフ...
あぼんちのぼぼっとつくろ...
@ la pie.fr
なびかせろ!たてがみ
水は方円の器に随うⅡ
kent's kitchen
最新のコメント
らぴちゃま。 あははは..
by jes22salud2 at 20:59
さすらいさま。 こーん..
by jes22salud2 at 20:58
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:57
やっぱり、↓ 前の2軒に..
by lapie-fr at 15:30
おはようございます。 ..
by さすらい at 04:20
ルックザ日本 いいです..
by あんこ1961 at 21:31
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:06
ivrogneさま。 ..
by jes22salud2 at 20:05
らぴちゃま。 湯気もご..
by jes22salud2 at 20:01
あんこさま。 こんばん..
by jes22salud2 at 20:00
ほんと、いい景色~ 湯..
by lapie-fr at 15:34
おでん、黒霧、ぎょうざ。..
by ivrogne at 11:03
アボカドにかつぶしもいい..
by ivrogne at 11:00
おでんを見ながら飲んで食..
by あんこ1961 at 14:46
お願いいたします。


あちこち参加させていただいています。
応援のひと押し!していただけたら有難いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


リンクフリーですが、一言いただけるとありがたいです。

不適切だと感じる場合は削除させて頂くことも
あります。

よろしゅうお願いいたします。
ライフログ

タクアンの丸かじり (文春文庫)


メロンの丸かじり (文春文庫)


缶詰に愛をこめて (朝日新書)


ケーキの丸かじり (文春文庫)


日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)


生姜(しょうが)だけで病気を治す (健康人新書)


ワラをつかむ男 (文春文庫)


おやじネコは縞模様 (文春文庫)


ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫)


不要家族 (文春文庫)


孤独の価値 (幻冬舎新書)


ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫)


ゴハンの丸かじり (文春文庫)


ぬるい生活 (朝日文庫)


なぜ和食は世界一なのか (朝日新書)


ねにもつタイプ (ちくま文庫)


そうだ、ローカル線、ソースカツ丼 (文春文庫)


暮しの手帖 4世紀77号


ケトル VOL.25


鉄道ジャーナル 2015年 09 月号


NHK 趣味の園芸 やさいの時間 2015年 8月号 [雑誌] NHKテキスト


暮しの手帖 第4世紀76号


千年ごはん (中公文庫)


ゆで卵の丸かじり (文春文庫)


おにぎりの丸かじり (文春文庫)


これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)


豆腐バカ 世界に挑み続けた20年 (集英社文庫)


BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/1 号 [雑誌]

最新の記事
閉店のお知らせ。
at 2017-02-17 07:07
〆はいつものバーで。
at 2017-02-16 21:21
乙女女子四名➕野獣飲み会 二軒目
at 2017-02-16 07:07
乙女女子四名➕野獣飲み会一軒目
at 2017-02-15 21:21
女子が集まる前に、おっちゃん..
at 2017-02-15 14:14
FUJIYA ルックチョコレ..
at 2017-02-14 07:07
そして角打ち三軒目。
at 2017-02-11 07:07
そういえば、と行ってみれば。
at 2017-02-10 07:07
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル

孤独の価値 森 博嗣


 工学博士で小説家。
 しかも人気作家。

 でも小説は読んだこと無いのよね。

 初めて読んだのは現在のお住まいに移ってそこでの
 飼い犬と奥様と鉄道ジオラマの暮らしを綴ったものやった。



 携帯電話をもっておおかた19年。
 昔はおおっぴらに仕事中に電話に出ることははばかられたけれど 
 いまや繋がって当たり前に。

 つながることが素晴らしい、全て的な暮らしになってる。
 実際こうやってブログを書いてアップして人様のブログを拝見して
 コメントを残す。
 これもつながるということ。

 24時間誰かと繋がっていないと不安になる(ワタクシは無いけれど)
 そんな人に森氏はこんなボールを投げてきました。

 

b0330555_823483.jpg


 孤独の価値 森 博嗣

 

 
 「何故寂しいと(孤独やと)いけないのか」

 これにすっと答えは出ませんでした。
 寂しいと孤独やとあかん理由。

 言われてみれば。あかん理由なんてない。強いて言えば世間体か。

 自分の暮らしを思い返せばひとりの時間はとても大切やと感じるし
 考え事や勉強をするのならやっぱりひとりで静かなほうが集中できる。
 もちろんわからなくなったら質問出来る方がいいけれど、考えを
 まとめたり創造するのならひとりのほうがいい。

 賑やかなことも場所も好きではあるけれど、平々凡々な
 ワタクシでもひとりの時間(孤独な時間)は必要やと感じる。

 もちろん大切な人を亡くしたりとかそういう出来事で訪れる孤独は
 悲しみとあいまって計り知れないものがあるけれど、日々自分と向き合う
 ための孤独(寂しいと言われる時間)はいるなぁ。

 友達でも沢山の家族と子供に恵まれて忙しく賑やかに暮らす姿は
 微笑ましくもおもうけれど

 「ひとりになりたい時もあるで、ほんま。あんたが羨ましいわ」

 これも正直な思いやと思う。
 
 望んでの孤独望まざる孤独それぞれあるけれど、そこで培われる力は
 必ずあるんよね。恐れてばかりではあかんのよねぇ。

 

 応援のひと押し!よろしゅうに。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 おおきに。
[PR]
by jes22salud2 | 2015-04-19 07:07 | | Comments(0)